清水清三郎商店,三重県,奏乃智,/hastatosagittate1036560.html,作,純米吟醸,beyerbooks-pl.us,食品 , ドリンク、水、お酒 , 日本酒 , 純米吟醸酒,750ml,990円,日本酒 990円 作 奏乃智 純米吟醸 750ml 日本酒 清水清三郎商店 三重県 食品 ドリンク、水、お酒 日本酒 純米吟醸酒 990円 作 奏乃智 純米吟醸 750ml 日本酒 清水清三郎商店 三重県 食品 ドリンク、水、お酒 日本酒 純米吟醸酒 作 【現品限り一斉値下げ!】 奏乃智 純米吟醸 750ml 清水清三郎商店 日本酒 三重県 清水清三郎商店,三重県,奏乃智,/hastatosagittate1036560.html,作,純米吟醸,beyerbooks-pl.us,食品 , ドリンク、水、お酒 , 日本酒 , 純米吟醸酒,750ml,990円,日本酒 作 【現品限り一斉値下げ!】 奏乃智 純米吟醸 750ml 清水清三郎商店 日本酒 三重県

作 2021新作モデル 現品限り一斉値下げ 奏乃智 純米吟醸 750ml 清水清三郎商店 日本酒 三重県

作 奏乃智 純米吟醸 750ml 日本酒 清水清三郎商店 三重県

990円

作 奏乃智 純米吟醸 750ml 日本酒 清水清三郎商店 三重県

協会14号系酵母を使用し、酒米を大吟醸規格まで磨き上げたお酒です。爽やかですっきりとした香り、硝子細工のような透明感のある味わいが特徴です。まるでテンポよく流れる軽快な旋律が聞こえて来るような味わいです。冷やしてお召し上がりください。

*クール便推奨。
*画像はイメージです。
*画像内の製造年月は撮影当時のものとなります。
*サイズ表記に関しては商品名からご判断下さい。

★日本酒 清水清三郎商店 三重県★ 伊勢杜氏の伝統を引継ぎ、「味酒」を醸しています。

鈴鹿山脈の清冽な伏流水は、酒造りに非常に適しており、伊勢平野は良質な米を我々に与えてくれました。1869年(明治二年)に若松村にて大黒屋清水清三郎商店として創業。若松は海に面しており港も近いために、かつては多くの醸造業が繁栄しましたが、現在では当社は鈴鹿市で唯一の蔵元となってしまいました。昔ながらの伊勢杜氏(農閑期の出稼ぎではない地元の杜氏による酒造り)の伝統を引き継ぎ、鈴鹿で生まれ育った杜氏が歴史史実に負けない「味酒」を精魂込めて醸しています。
"center"

● 配送について
お届けはヤマト運輸となります。ただし、沖縄県については日本郵便となります。日本国外への発送は行っておりません。(We don't ship to international locations. We only ship for addresses in Japan.)

・地域別配送料金についてはコチラ
上記送料は配送用カートン代220円(税込)を含めた金額となっております。
クール便は別途330円(税込)が掛かります。
表示金額は消費税率10%です。

★ご注文を確認後、翌営業日までに必ず当店より金額の訂正や出荷日時などを記載したメールをお送りいたします。当店からのメールは必ずご確認ください。

● 商品の画像について
商品のスペックやビンテージ、ラベルデザインが頻繁に変更になることから、商品画像に写った情報と実際の商品が異なる場合がございます。画像の肩貼りやシール、ビンテージから判断されないようお願い致します。 画像は参考程度とし、必ず商品名にてご判断下さい。


● お支払いについて
・クレジットカード決済 / ・PayPay残高払い / ・携帯キャリア決済 
・代金引換 / ・銀行振込がご利用いただけます。
・お支払いについてはコチラ


● 領収証について
【 代金引換 】をご利用の場合、「 ヤマト運輸の配送伝票が領収書 」となります。  領収書の二重発行を防ぐため、弊社からは発行を控えさせていただいております。
【 銀行振込 】をご利用の場合、お振込みされた際に金融機関から発行されます 。「 振込票 が 領収書 」 となります。領収書をご希望の方は、お振込の際のご名義にご注意ください。

●お問い合わせについて
・はせがわ酒店オンライン店担当直通
03-5836-3474 (09:00~17:00 ※日祝休み)
・メールでのお問い合わせ rakuten@hasegawasaketen.com
「はせがわ酒店YAHOO店を見ています」とはじめにお伝えいただくとスムーズです。




作 奏乃智 純米吟醸 750ml 日本酒 清水清三郎商店 三重県

P+D MAGAZINEは書店での本との偶然の出会いを、WEB上でも提供するサイトです。
書店で偶然読みたい本を見つけるように、P+D MAGAZINEで素敵な本との出会いを体験してみてください。

△ 本との偶然の出会いをWEB上でも | P+D MAGAZINE TOPへ